コンテンツにスキップする

TIPSの利回りがマイナス圏に、ウォール街に不安なシグナル

  • 10年物TIPS利回り、2016年米大統領選直前以来の低水準
  • インフレ期待も低下、大幅な景気減速が織り込まれ始めた-ソシエテ

マイナス利回りの債券を巡り、米国が独自の問題を抱えている。

  ドイツや日本などとは異なり、米国は債券保有者に依然としてプラスのリターンを提供している。しかし、10年物のインフレ連動国債(TIPS)のいわゆる実質利回りは先月、ゼロを下回り、2016年11月の大統領選直前以来の低水準を付けた。

  実質利回りがマイナスになったのは初めてではないが、インフレ期待の低下と同時にマイナスに転じており、ウォール街に二重の警鐘を発している。

  ソシエテ・ジェネラルの米金利戦略責任者、スバドラ・ラジャッパ氏は「実質利回りが急降下した。低下のペースが厄介だ」と述べ、「インフレ期待も低下していることから、米金融当局が想定していたサイクル半ばの緩和というよりも、はるかに長期間の利下げを正当化する大幅な景気減速が市場に織り込み始めつつあることが示されている」と分析した。

  TIPSと通常の米国債の利回り格差であるブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)の縮小は、TIPS投資家がインフレによるリターンの増加をあまり見込んでいないことを意味する。10年物のTIPS利回りは先週マイナス0.12%に低下し、昨年11月以降に130ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)余り下がった。通常の10年物米国債利回りは1.5%前後で、同期間に165bp余り低下した。

Treasury inflation-linked debt prices in poor growth outlook
Bond gauges of U.S. price pressures depressed amid trade woes

原題:
TIPS Yields Turning Negative Send Worrying Signal to Wall Street(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE