コンテンツにスキップする

ポンドが半年ぶりの大幅高、離脱延期法案の可決好感

relates to ポンドが半年ぶりの大幅高、離脱延期法案の可決好感

5日の外国為替市場のアジア時間帯早朝の取引で、ポンドの対ドル相場が一時約6カ月ぶりの大幅高となった。4日の英下院で欧州連合(EU)離脱期限の延期申請をジョンソン首相に義務付ける法案が可決され、首相が提案した総選挙実施の動議が否決されたことを好感した。

  ポンドは対ドルで一時1.5%高の1ポンド=1.2258ドルまで上昇した。法案が成立すれば、ジョンソン首相は、議会の承認が得られるEUとの合意が成立するか、合意なき離脱に議会が同意しない限り、離脱期限を来年1月31日まで3カ月延期するようEUに申請する必要が出てくる。

Pound extends gains after U.K. parliament rejects call for early election

原題:Pound Surges as Parliament Moves to Block Johnson’s No-Deal Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE