コンテンツにスキップする

英下院、合意なき離脱を阻止する法案を可決-首相は早期選挙を提案

  • 賛成327票、反対299の賛成多数で可決、今後上院で採決へ
  • ジョンソン首相は、10月15日の早期総選挙を提案

英下院は4日、10月末の合意なき欧州連合(EU)離脱を阻止する法案を可決した。

  法案は賛成327、反対299で賛成多数となった。これによりジョンソン首相はEUと新たな離脱協定案で合意を成立させるか、議会で合意なき離脱の承認を得られなければ、EUに離脱期限を来年1月31日まで3カ月延長するよう要請することが求められる。

議会採決結果が判明した後、EU離脱延期を拒み早期総選挙実施を提案するジョンソン英首相

Source: Bloomberg)

  同案はこの後、英上院での採決に送られる。法案を成立させるためには上下両院での通過が必要だ。

  これまでEU離脱延期をかたくなに拒む姿勢を繰り返し表明してきたジョンソン首相は、採決結果を受け10月15日に総選挙を実施する案を提示した。

原題:U.K. Parliament Backs Draft Law to Stop Johnson’s No-Deal Brexit(抜粋)
Johnson Proposes Election on Oct. 15 After Another Brexit Defeat

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE