コンテンツにスキップする

英中銀、ポンド急落でも介入しないだろう-カーニー総裁

イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は、ポンド相場の変動を抑えるために英中銀が為替市場に介入する可能性はほぼないと述べた。

  4日の議会公聴会で、ポンドがどれだけ速く下落すれば中銀は行動するのかと問われたカーニー総裁は、英国が採用している為替の変動相場制は経済的にうまく機能していると指摘。金融政策上の理由で同中銀が介入することは決してないだろうと続けた。

英議会公聴会で発言するイングランド銀行のカーニー総裁

  2016年6月、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票後にポンドが大きく変動したことを挙げ、英国の経済と資産に対する「新たな現実」を投資家が見極める中で市場はうまく機能したと発言。「秩序ある市場だった」とし、「出来高は高く、ポンドの動きも大きかったが、市場が見定めた経済の新たな現実と少なくとも当時において整合する水準に落ち着いた。われわれはそれに介入したくはない」と述べた。

  イングランド銀はこの日、合意なきEU離脱となった場合の経済見通しを更新した。影響は依然として甚大だとしつつ、今年に入ってからの準備で経済に対する打撃は従来の見込みよりも小さくなったと判断。国内総生産(GDP)のピークから底に至るまでの落ち込みは5.5%と、昨年11月に予測した8%から修正した。

Measures of expected price swings hit a 2019 high in recent weeks

原題:Carney Can’t See BOE Intervening in Market to Calm Pound Swings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE