コンテンツにスキップする

英総選挙求める動議、4日否決なら9日に首相再提出へ-関係者

ジョンソン英首相は議会の解散・総選挙を求める動議が4日夜に否決された場合、来週に再び動議を提出する意向だ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  合意なき欧州連合(EU)離脱を阻止する法案が可決される可能性が高まる中で、首相は国民が新たな議会を選出することでしか政治的な行き詰まりは打破できないだろうと考えているという。関係者は取り扱いに注意を要する問題を話しているとして、匿名で話した。

  10月末の合意なき離脱を阻止しようとする議員らの決意は固く、4日に阻止法案は可決する見通し。これに対して首相は総選挙を求める動議を直ちに提出する計画だが、劣勢が見込まれている。これが予想通り否決された場合は、9日の動議で総選挙への同意を得られるよう議会の説得に努める用意があるという。

原題:U.K.’s Johnson Ready to Try Again to Force an Election on Monday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE