コンテンツにスキップする

世界EV販売台数、7月は初の減少-中国の補助金削減が響く

  • 7月の販売台数は14%減の12万8000台-バーンスタイン
  • EV市場で政府支援が果たしている役割が浮き彫りになった

世界の電気自動車(EV)販売台数は7月に初めて減少した。中国が購入補助金を削減したことが響いた。急成長するEV市場で政府支援が果たしている役割が浮き彫りになった。

  サンフォード・C・バーンスタインの3日のリポートによると、世界のプラグインEV(乗用車)販売台数は前年同月比14%減の約12万8000台。中国と北米で減少し、欧州では増加した。

Pulling Out the Plug

Plug-in EV sales had weakest month on record in July as China subsidy resets

Source: Sanford C. Bernstein

  世界最大のEV生産国および市場である中国で伸びは鈍化しつつある。補助金削減や景気減速が消費者の購入決定の重しとなっている。中国政府は新エネルギー車(NEV)の個人購入に対する補助金を6月26日に削減した。

  バーンスタインによれば、1-7月の世界EV市場は35%拡大。2019年通年の販売台数は23-48%増加し、240万-290万台になると予想している。

  7月はメーカー別の販売台数で、米テスラが約2万台で首位。ウォーレン・バフェット氏が出資する中国ブランド、比亜迪(BYD)が2位だった。

Tesla Dominates

Global plug-in electric vehicle sales were led by Tesla and BYD in July

Source: Sanford C. Bernstein

原題:Electric-Car Sales Fall for First Time After China Cuts Subsidy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE