コンテンツにスキップする

ジョンソン英政権、下院で過半数失う-EU離脱に関する重要な採決前

  • 議員1人が保守党から自由民主党にくら替え
  • 最初の議会採決は日本時間4日午前6時の予定

ジョンソン英首相率いる英保守党政権は、「合意なき離脱」に反対する労働党など野党との議会での対決を前に下院で過半数を失った。英国は解散総選挙へと近づくことになる。

  ジョンソン首相は10月末までに何としても欧州連合(EU)離脱を実現させようとしているが、野党が阻止しようとしており、英議会はヤマ場を迎えた。最初に議事運営の掌握を巡る議会採決が3日午後10時(日本時間4日午前6時)に予定されている。ジョンソン首相の側近らは、首相は10月14日を投票日とする解散総選挙の準備を始めると述べている。

  フィリップ・リー議員が保守党を離党し野党の自由民主党にくら替えしたため保守党は過半数議席を失った。ジョンソン首相にとっては不信任案が可決される恐れもあり、痛手となった。

原題:Johnson’s Government Loses Majority Ahead of Crucial Brexit Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE