コンテンツにスキップする

Tモバイル・スプリント合併差し止め訴訟、イリノイ州も参加

米携帯電話サービス大手、TモバイルUSによる同業スプリント買収は反トラスト法に反するとして、この阻止を求めた州の訴訟に、新しくイリノイ州が加わった。米国民の半数以上を代表する訴訟となった。

  ラウル・イリノイ州司法長官(民主党)は、合併により主要な競合企業が減り、料金引き上げにつながるとの主張を支持。カリフォルニア州と共にこの訴訟を主導するニューヨーク州のジェームズ司法長官が、3日の声明で明らかにした。これにより、16州とコロンビア特別区がこの訴訟の原告となる。

  ラウル長官は発表文で「競争する企業が減れば、消費者の選択肢も減り、料金は引き上げられ、技術革新は停滞し、サービスの質は低下する」と指摘した。

原題:Illinois Joins Multi-State Suit to Block T-Mobile’s Sprint Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE