コンテンツにスキップする

ゴールドマン、トレーディング共同責任者にナックマン氏起用

米銀行持ち株会社のゴールドマン・サックス・グループは、トレーディング部門の共同責任者にマーク・ナックマン氏を起用した。年末付で退社するマーティ・チャベス氏(55)の後任となる。

  チャベス氏は昨年、デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)が就任早々に実施した幹部刷新の一環として、トレーディング部門の責任者に就任。それ以前には最高財務責任者(CFO)や最高情報責任者(CIO)を務めていた。ナックマン氏は2017年から投資銀行部門の共同責任者を務めている。

The 2012 AmFAR Gala

マーティ・チャベス氏

  ナックマン氏はジム・エスポジート、アショク・バラダン両氏と共にトレーディング部門を統括する。

  今回の人事は従業員宛ての文書で発表された。チャベス氏は退社後、シニアディレクターとなる。ゴールドマンでは元幹部に対し、助言役であるこの役職を与えることが多い。チャベス氏の退社については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が3日、先に報じていた。

原題:Goldman Names Nachmann as Trading Co-Head as Chavez to Depart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE