コンテンツにスキップする

豪州、44年ぶりの経常黒字-鉄鉱石価格反落で短命に終わる可能性

  • 4-6月の経常収支、59億豪ドルの黒字-前期は11億豪ドルの赤字
  • 鉄鉱石価格の異例かつ予想外の急上昇が背景

オーストラリアの経常収支が1975年以来の黒字となった。豪州の主要な輸出産品である鉄鉱石の価格が大きく上昇したことが寄与した。

  豪統計局が3日発表した4-6月(第2四半期)の経常収支は59億豪ドル(約4200億円)の黒字。エコノミストは15億豪ドルの黒字を見込んでいた。前期は11億豪ドルの赤字(改定値)だった。

  44年ぶりの経常黒字は、鉄鉱石価格の異例かつ予想外の急上昇が背景だ。供給を巡る混乱や中国の記録的な鉄鋼生産が値上がりを加速させたが、8月は鉄鉱石価格が大きく下げ、経常黒字が短命に終わる可能性が示唆されている。

Australia posts first current account surplus since 1970s

原題:Australia Posts Its First Current Account Surplus in 44 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE