コンテンツにスキップする

香港行政長官、中国に辞任許可求めたことは一度もない

更新日時
  • 誰であれ辞任が「楽な選択肢」だと説明しようとしただけだと長官
  • 香港情勢は「なお複雑かつ厳しい」-香港・マカオ事務弁公室
香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官

Photographer: Paul Yeung/Bloomberg
香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は3日、香港を揺るがす歴史的な混乱を巡って中国に辞任の許可を求めたことは一度もないと述べた。ビジネス関係者との先週の非公開会合で苦慮している状況を話したことは認めた。

  林鄭長官は記者会見で、ロイター通信が2日夜に報じた非公開会合の音声リークを「受け入れられない」として非難。混乱の中で香港を率いることにコミットしており、自分のような立場なら誰でも辞めることが「楽な選択肢」だと個人的な見解として説明しようとしただけだと話した。

relates to 香港行政長官、中国に辞任許可求めたことは一度もない

記者会見する林鄭月娥行政長官(3日)

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  林鄭長官は「中央政府に辞意を伝えたことは一度もない」と明言。「辞任に関して中央政府と協議することを検討したことさえない。辞めないというのは私自身の選択だ」と述べた。

  先週末はデモ隊が多数の火炎瓶を投じる一方、警察は催涙ガスや放水砲、ゴム弾で応戦し衝突が続いた。「逃亡犯条例」改正案への反対をきっかけに始まった香港の混乱は約3カ月にわたり続いている。林鄭長官はこれまでのところ改正案の正式撤回や自身の辞任、混乱を巡る独自調査などを求めるデモ隊の要求を拒否している。

  中国国務院香港・マカオ事務弁公室の楊光報道官は北京で開いた3日午後の記者会見で、暴力停止が香港で最も幅広いコンセンサスになりつつあると説明。「違法な犯罪行為をする少数の暴徒」を非難した上で、香港情勢は「なお複雑かつ厳しい」との見方も示した。

原題:Hong Kong’s Lam Says She Never Asked China’s Permission to Quit、China Sees Positive Some Signs in Hong Kong Despite Violence(抜粋)

(中国国務院香港・マカオ事務弁公室の記者会見の内容を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE