コンテンツにスキップする
Photographer: Charles Pertwee

欧州やアジアの製造業、危機的状況続く-米中貿易戦争で活動縮小

  • 欧州やアジアの幅広い地域で製造業PMIが50割れ
  • 政策当局者に追加行動を求める圧力が高まる可能性
Employees attach latex gloves to an air compressor as other gloves are inflated in the air-leak test room at a Top Glove Corp. factory in Setia Alam, Selangor, Malaysia, on Thursday, Dec. 3, 2015. Top Glove, the world's biggest rubber-glove maker commanding over a quarter of the market, expects to conclude at least one acquisition in the fiscal year through August as the Malaysian company seeks to maintain record earnings momentum.
Photographer: Charles Pertwee

欧州やアジアの幅広い地域で製造業は引き続き危機的状況に陥っており、一部の国・地域ではさらに悪化していることが指標で示された。

  米国と中国が互いの輸入品に追加関税を発動した翌日の2日、ドイツやイタリア、日本、韓国、台湾などで製造業が世界的な貿易摩擦拡大から大きく打撃を受けている状況があらためて確認された。これら全ての国・地域に加え、ユーロ圏で8月の製造業購買担当者指数(PMI)が50を割り込み、活動の縮小を示した。

Global economy suffers from consequences of U.S.-China trade war

  世界の成長率見通しは既に約10年前の金融危機以降で最低の水準にあり、各国・地域の中央銀行は国内や域内の景気の勢いを下支えするために利下げを開始している。米中貿易戦争に終わりが見えず、英国の秩序なき欧州連合(EU)離脱のリスクが欧州の景況感に重しとなる中、政策当局者に追加行動を求める圧力が高まる可能性がある。

原題:Factories From Europe to Asia Reel Under U.S.-China Trade War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE