コンテンツにスキップする

ハリケーン「ドリアン」、勢力弱めるもバハマでなお猛威

  • ドリアンはバハマ諸島の近くで「ほぼ停滞」
  • フロリダ州直撃前に北にコースを変え、東海岸に沿って進む見込み

1日にバハマ諸島のグレート・アバコ島に上陸した大型ハリケーン「ドリアン」は、2日も引き続きバハマ諸島付近で猛威を振るっているが、勢力は一時より若干弱まった。進路予測担当者らは、ドリアンが今後北西に進みフロリダ半島を直撃する前に北にコースを変え、東海岸に沿って進むと予想している。

  米国立ハリケーンセンター(NHC)の2日午後5時(日本時間3日午前6時)の報告によると、ドリアンはグランドバハマ島フリーポートから約56キロ離れた洋上で「ほぼ停滞」している。風速は一時の時速185マイル(秒速約83メートル)から同145マイルに弱まったが、勢力は5段階で上から2番目の「カテゴリー4」と依然強い。バハマのミニス首相によれば、同国はなお大きな被害を受けており、島の一つで5人の死者が出たほか、送電線が損傷、家屋、自動車などが損壊した。

  エナジー・ウェザー・グループのチーフ気象予報士ジム・ルイエ氏は、2日夜から3日朝にかけて再び北西にゆっくりと動き始めると予測。その後、ドリアンはジョージア州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州に向け東海岸を北上する可能性があるとした。

relates to ハリケーン「ドリアン」、勢力弱めるもバハマでなお猛威

バハマのフリーポートで強い風雨に揺れる木(2日)

Bloomberg

原題:Dorian Winds Weaken but Storm Remains ‘Extremely Dangerous’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE