コンテンツにスキップする

アルゼンチン中銀、9月の金融政策目標でIMFと協議

アルゼンチンの中央銀行は、9月の金融政策目標の修正について国際通貨基金(IMF)と協議している。サンドレリス中銀総裁が2日にブエノスアイレスで記者団に明らかにした。

  サンドレリス総裁は7月と8月のマネタリーベース目標を達成できなかったと述べ、流通額が目標の1兆3400億ペソ(約2兆5400億円)を上回ったと説明。ただ、IMFのプログラムで拘束力があるのは四半期目標だけだと付け加えた。

Central Bank President Guido Sandleris Interview

サンドレリス総裁

Photographer: Pablo E. Piovano/Bloomberg

  同総裁はペソ預金は安定しており、流動性は依然として高水準にあるとし、「アルゼンチンの金融システムは強固だ」と述べた。

  IMFによる過去最大規模のアルゼンチン向け融資560億ドル(約5兆9500億円)にはIMFが定期的に審査する指針がある。8月の相場急落後、次回融資分53億ドルが実行されるかどうか新たな疑念が浮上している。

原題:Argentina in Talks With IMF on September Monetary Policy Target(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE