コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • 米中9月会合の日程まだ設定できず、10月14日英総選挙を示唆
  • ハリケーンで保険業界の負担、リブラの危険性指摘、OPEC
Shipping containers sit stacked at the Yangshan Deepwater Port, operated by Shanghai International Port Group Co. (SIPG), in this aerial photograph taken in Shanghai, China, on Friday, May 10, 2019. The U.S. hiked tariffs on more than $200 billion in goods from China on Friday in the most dramatic step yet of President Donald Trump's push to extract trade concessions, deepening a conflict that has roiled financial markets and cast a shadow over the global economy.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

9月に予定されている米中の通商交渉担当者による会合は開かれるのか。このことが交渉への期待をつなぐ上で市場の注目材料の一つとなっています。事情に詳しい関係者の話で、両国が会合日程をいまだ設定できていないことが分かりました。会合中止の兆しというわけでは必ずしもないものの、中国当局者による訪米日程は決まっていないそうです。関税の応酬が今月に入ってさらに激化し、両国の信頼関係は一段と揺らいでいます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

WTO提訴

米中交渉関係者のうち2人によると、両国は過去2週間のやりとりで少なくとも2つの点で合意できずにいる。米国が主張する次回の交渉ラウンドに向けたある程度のパラメーター設定と、新たな関税の延期という中国側の要求だ。こうした中、中国は米国が賦課した追加関税に対し、世界貿易機関(WTO)に提訴すると発表した。

10月14日

ジョンソン英首相は、合意なき欧州連合(EU)離脱に反対する与党・保守党の議員らに対し、離脱期限延長を強制しようとするなら10月14日に総選挙を実施する構えを示している。政府高官が明らかにした。匿名を条件に述べた同高官によると、首相は2011年の議会任期固定法に基づき議会解散と早期総選挙を求める動議を提出する。合意なき離脱阻止を求める法案は3日に提出される見込み。首相はこれに敗北すれば、4日に総選挙実施への採決を呼び掛ける。

ドリアンの保険負担

バハマ諸島で猛威を振るっている大型ハリケーン「ドリアン」の被害で、保険会社の負担額は少なくとも250億ドル(約2兆6500億円)になる見通しだと、UBSグループのアナリストが指摘した。保険業界にとっては2017年以降で最もコストが高い自然災害となる。今後数日にフロリダ州の東部沿岸に被害をもたらした場合、額は最大で400億ドルに上る可能性もあると、アナリストらはリポートに記した。

危険な香り

欧州中央銀行(ECB)のメルシュ理事は、米フェイスブックが計画しているデジタル通貨「リブラ」について、「魅力的」だがECBといった当局機関の発行する貨幣を防衛する上では「危険」だと述べた。同理事はフランクフルトで開かれたECBの会議で講演。プライベートセクターが発行する通貨が法定通貨に代わる実行可能な手段としての地位を築く可能性はほぼないか、まったくないとし、欧州の人たちには「フェイスブックが誘惑する魅力的だが危険な約束へと走ろうとしないことを心から願う」と訴えた。

今年初の増産

石油輸出国機構(OPEC)の原油生産は8月に増加した。非OPEC主要産油国とともに構成する「OPECプラス」による協調減産が年初に新たなラウンドを迎えて以降初めての増産となった。ブルームバーグによる当局者やアナリスト、船舶追跡データの調査によると、ナイジェリアとサウジアラビアがOPECの増産をけん引、全体の生産は日量20万バレル増の2999万バレルとなった。

その他の注目ニュース

英首相に3カ月のEU離脱延期申請を義務付け、議員らが法案準備
英国:8月製造業PMI、予想以上の不振示す-7年ぶり水準に低下
ドイツ銀ゼービングCEO、月間手取り給与の15%を自社株に投資

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE