コンテンツにスキップする

ハリケーン「ドリアン」、保険負担額は最低250億ドルも

Employees of the Island Root Kava Lounge board up the windows of the business in preparation for Hurricane Dorian in Melbourne, Florida, U.S.

Employees of the Island Root Kava Lounge board up the windows of the business in preparation for Hurricane Dorian in Melbourne, Florida, U.S.

Photographer: Zack Wittman/Bloomberg
Employees of the Island Root Kava Lounge board up the windows of the business in preparation for Hurricane Dorian in Melbourne, Florida, U.S.
Photographer: Zack Wittman/Bloomberg

現在バハマ諸島で猛威を振るっている大型ハリケーン「ドリアン」の被害で、保険会社の負担額は少なくとも250億ドル(約2兆6500億円)になる見通しだと、UBSグループのアナリストが指摘した。保険業界にとっては2017年以降で最もコストが高い自然災害となる。

  ドリアンが今後数日にフロリダ州の東部沿岸を襲撃するかどうか次第では、保険請求額は最大で400億ドルに上る可能性もあると、アナリストらはリポートに記した。米国立気象局(NWS)によれば、ドリアンは大西洋側で上陸するハリケーンとしては1935年のハリケーン「レーバーデー」以来の最大規模。

原題:Hurricane Dorian Likely to Cause $25 Billion of Losses, UBS Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE