コンテンツにスキップする

英国:8月製造業PMI、予想以上の不振示す-7年ぶり水準に低下

  • 新規受注が大幅減少、将来の生産に対する楽観は過去最低
  • ポンド安も輸出企業を助けず、EU企業は英企業外しに着手

英国の製造業不振は8月に予想以上に深まった。欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が高まり、製造業購買担当者指数(PMI)が7年ぶりの低水準に落ち込んだ。

  IHSマークイット・エコノミクスが2日発表した英製造業PMIによると、新規受注が大幅に減少。将来の生産に対する楽観は過去最低に沈んだ。貿易摩擦と世界的な景気減速が輸出に響く一方、EU企業の一部は英国のEU離脱を見据えサプライチェーンから英企業を外し始めつつあると、マークイットは指摘した。

  今回の調査はEU離脱、さらにそれが移行期なき離脱となった場合に英経済に及ぼすリスクを浮き彫りにする。PMIの基となったデータは8月12-27日に収集され、ジョンソン首相が9月中旬から議会を約5週間にわたり休会にする決定を下す前に終了した。

  • 8月の英製造業PMIは47.4と、7月の48から低下。ブルームバーグが調査したエコノミストは7月から小幅な改善を見込んでいた
  • PMIは7-9月の製造業生産が前期比2%減のペースであることを示唆-IHSマークイットでディレクターを務めるロブ・ドーソン氏
  • 8月はポンドが下落し、輸出企業を通常押し上げる環境だったが、PMI調査対象企業の8割は、ポンド安で仕入れ価格が上昇したと指摘
  • 製造業の雇用は減少

  PMIの発表後、ポンドは一時0.7%安の1.2076ドルに下落した。

原題:U.K. Manufacturing Sector Shrinks at Fastest Pace Since 2012(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE