コンテンツにスキップする

トルコ経済、4-6月は前期比1.2%成長-伸び鈍化も予想上回る

  • GDPは季調後前期比1.2%増-1-3月は修正後で1.6%増
  • ブルームバーグ調査の予想中央値は0.4%増だった

トルコ経済の4-6月(第2四半期)成長率は前期から鈍化した。政治を巡る不透明感が根強い。

  2日発表された国内総生産(GDP)は季節調整後前期比1.2%増。1-3月(第1四半期)は修正後で1.6%増だった。ブルームバーグが調査したエコノミスト6人の予想中央値は0.4%増。前年同期比では1.5%減少した。

  トルコ経済は1-3月にリセッション(景気後退)から脱していた。

原題:Turkey Politics Take a Toll on Growth as Economy Loses Momentum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE