コンテンツにスキップする

ECBの追加緩和に「懐疑的」-新オーストリア中銀総裁

  • 追加緩和の必要性を支える「モデルには議論の余地」
  • ホルツマン総裁がオーストリア放送に語った

欧州中央銀行(ECB)政策委員会に加わったホルツマン新オーストリア中銀総裁は、ユーロ圏の追加金融緩和に反対の考えを重ねて示した。

  同総裁はオーストリア放送(ORF)とのインタビューで、「マネーサプライのさらなる拡大、中銀預金金利の引き下げについては懐疑的だ」と言明。追加緩和の必要性を支える「モデルには議論の余地があると思う。より現実に近いモデルが他にあると考えている」と語った。

  ECBの現行の金利を下限とするべきかとの問いには、動くならば「むしろ逆の方向に進むべきだろう」と答えた。

原題:ECB’s Holzmann ‘Skeptical’ About Further Monetary Easing: ORF(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE