コンテンツにスキップする

「エンジェル・ハズ・フォールン」が2週連続首位-週末の北米映画

  • エンジェルの興収1160万ドルとコムスコア-予想約1200万ドル
  • 2位は「グッド・ボーイズ」、ソニーの「オーバーカマー」は5位

週末の北米映画興行収入ランキングで、ライオンズゲート・エンターテインメントのアクション映画「エンジェル・ハズ・フォールン(原題)」が2週連続で首位となったが、興行成績は予想をやや下回った。

  ジェラルド・バトラーとモーガン・フリーマンが共演する同作品は8月30日-9月1日の米国とカナダでの興行収入が推計1160万ドル(約12億3100万円)となった。調査会社コムスコアが1日発表した。アナリスト予想は約1200万ドルだった。2日はレーバーデーで両国の祝日。

Top 10 Films
  • コムキャスト傘下ユニバーサル・ピクチャーズの「グッド・ボーイズ(原題)」が2位
    • 3週目の同作品は年齢制限があるR指定のコメディー映画
  • ソニー傘下アファーム・フィルムズの「オーバーカマー(原題)」は5位、ウォルト・ディズニー傘下フォックス・サーチライトのホラー映画「レディ・オア・ノット(原題)」は6位
    • 両作品とも2週目
  • Top 10 Film Grosses
All Films Year To Date

原題:‘Angel Has Fallen’ Leads Labor Day Weekend Theater Sales (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE