コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

原油先物は続落、貿易戦争で世界需要に懸念-アジア市場

The silhouette of a pumpjack is seen at dusk in the Permian Basin near Midland, Texas, U.S., on Friday, March 2, 2018. Chevron, the world's third-largest publicly traded oil producer, is spending $3.3 billion this year in the Permian and an additional $1 billion in other shale basins. Its expansion will further bolster U.S. oil output, which already exceeds 10 million barrels a day, surpassing the record set in 1970.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

原油先物相場は続落。トランプ政権が1日に対中追加関税を発動し、世界の需要への懸念が強まった。

  シドニー時間2日午前8時35分(日本時間同日午前7時35分)時点で、ロンドンICEの北海ブレント11月限は55セント下げて1バレル=58.70ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は36セント安の同54.74 ドル。

原題:Oil Drops as Escalating Trade War Stokes Global Demand Concerns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE