コンテンツにスキップする

中国の製造業PMI、8月は悪化-貿易戦争の激化で

  • エコノミスト予想下回る-景気の弱さを裏付け
  • 非製造業PMIは改善-活動拡大・縮小の節目である50上回る

中国の製造業活動を示す指標は8月に悪化した。9月1日から米国の対中追加関税が発動されるのを控え、中国国内の景気の弱さを裏付ける数字となった。

  国家統計局が31日発表した8月の製造業購買担当者指数(PMI)は49.5と、7月の49.7から低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の49.6を下回った。一方、非製造業PMIは53.8と、7月の53.7から上昇。活動拡大・縮小の節目である50を上回った。

Although export orders saw slight improvement

  製造業PMIの新規輸出受注指数は47.2に改善したが、引き続き50を下回った。貿易摩擦が長引く中、中国政府が追加の景気対策を打ち出す必要性を示した。

原題:China Factory Outlook Worsens in August as Trade War Escalates;China Aug. Manufacturing PMI at 49.5; Est. 49.6(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE