コンテンツにスキップする

ツイッターCEOがハッキング被害、人種差別的ツイート送信される

  • 何が起きたのか調査中だとツイッター広報担当者
  • 問題ツイートを削除し始めたのは拡散の約20分後

ツイッタージャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)のアカウントから30日、下品な言葉や人種差別的なコメントを含むツイートが15件余り送信される事態が起きた。同社はハッカーの仕業だと説明した。

  一連のツイートが投稿されたのはニューヨーク時間午後4時(日本時間31日午前5時)少し前だった。同社が問題ツイートを削除し始めたのは、これらに関する情報が拡散してから約20分後だった。

  広報担当のブランドン・ボアマン氏は、ドーシーCEOのアカウントに不正侵入があったと認めた上で、「何が起きたのか調査中」だとツイートで明らかにした。同社はその後、「ツイッターのシステムへの不正侵入を示すものはない」としながらも、さらなる調査が必要だとした。

  問題のツイートには、黒人に対する差別やヒトラー礼賛のほか、ツイッター本社に爆弾が仕掛けられる可能性などへの言及があった。

Jack Tweet

  ドーシーCEOのアカウントのハッキング被害を受け、ツイッターを頻繁に利用するトランプ米大統領のアカウントも同様の被害に遭うのではないかと懸念する声が聞かれる。トランプ氏は政策決定などをツイッターで公表することが多く、ハックされれば世界の政治関係に悪影響を及ぼす恐れがある。

原題:Twitter CEO Dorsey’s Account Hacked, Sends Racist Tweets (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE