, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

【米国株・国債・商品】株は5月以降初の月間マイナス、関税発動迫る

30日の米株式相場はほぼ変わらず。消費者マインド指数が低下し、米中貿易戦争の関税発動を控えた市場では、株価は5月以降で初めて月間ベースで下落した。米国債もこの日はほぼ変わらず。主要なインフレ指標は市場予想と一致した。

  • 米国株はS&P500種がほぼ変わらず、ダウ平均は小幅高
  • 米国債はほぼ変わらず-10年債利回り1.50%
  • NY原油先物は大幅反落、貿易摩擦や供給増が重し
  • NY金先物は続落、1オンス=1529.40ドル

  S&P500種株価指数は日中をもみ合いで推移した後、ほぼ変わらずで終了。前日は米中双方の発言で緊張がやや和らいだことから株価は上昇したが、中国からの輸入品1100億ドル(約11兆7000億円)余りに対する新たな関税発動を9月1日に控え、トランプ米大統領は譲歩の姿勢を見せていない。フロリダ州にハリケーンが接近しており、テーマパークやクルーズ船の運営を脅かしている。

  S&P500種は前日比0.1%高の2926.46。ダウ工業株30種平均は41.03ドル(0.2%)上昇の26403.28ドル。ナスダック総合指数は0.1%下落。米国債市場では午後4時52分現在、10年債利回りはほぼ変わらずの1.50%。

  7月の米個人消費支出(PCE)は伸びが加速し、市場予想を上回った。個人消費は堅調なまま7-9月(第3四半期)をスタートしたことが示唆された。一方、米金融当局が注目するPCE価格指数は引き続き当局目標を下回った。8月の米ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は2016年10月以来の低水準となった。

  インディペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者(CIO)、クリス・ザカレリ氏は「米個人消費は力強いが、消費者の信頼感が損なわれ、支出が減速すれば、米国全体にとってマイナスとなる。国外が減速しつつある中、米国だけで強さが続いているのが現状だ」と述べた。

  ニューヨーク原油先物相場は大幅反落。月間ベースでも6%近く下げた。貿易摩擦だけでなく、株価下落も注目された。米国の原油生産は過去最高水準に達している。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限は1.61ドル(2.8%)安の1バレル=55.10ドル。ロンドンICEの北海ブレント10月限は65セント下げて60.43ドル。

  ニューヨーク金先物相場は続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.5%安の1オンス=1529.40ドル。サクソ・バンクの商品戦略責任者、オーレ・ハンセン氏は金は6年ぶり高値をつけた後、投資資金が銀やプラチナに流れたと指摘した。

原題:U.S. Stocks End Rocky Month Lower as Tariffs Loom: Markets Wrap(抜粋)
Oil Caps Its Worst Month Since May as Trade-War Concerns Linger
PRECIOUS: Platinum Posts Best Week Since 2011; Silver Climbs

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE