コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

日本、サムスン電子向けフッ化水素輸出を許可

  • フッ化水素の輸出許可は7月の輸出管理厳格化後では初めて
  • ソルブレインがステラケミファから輸入-韓国ET
Samsung Electronics Co. Double-Data-Rate (DDR) memory modules are arranged for a photograph in Seoul, South Korea, on Friday, April 5, 2019. Samsung reported its worst operating-profit drop in more than four years, buffeted by falling memory-chip prices and slowing smartphone sales.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

日本政府は半導体の製造に使われるフッ化水素の韓国向け輸出を許可した。韓国政府高官が明らかにした。フッ化水素の輸出が認められたのは、7月に対韓輸出管理が厳格化された後では初めて。

  事情に詳しい関係者によると、今回許可されたのはサムスン電子向け。

  情報の非公開を理由に匿名を条件に語った政府高官によれば、これまでのところ日本の輸出管理強化は韓国の半導体製造に痛手となっていない。

  韓国の電子新聞(ET)は、韓国企業ソルブレインがステラケミファからフッ化水素を輸入し、サムスン電子に供給すると伝えていた。

原題:Japan Said to Approve Hydrogen Fluoride Exports for Samsung(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE