, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY

韓国中銀、政策金利1.50%に据え置き-7月利下げの効果見極め

更新日時
  • エコノミスト25人中22人が据え置きを予想-BN調査
  • 10月会合での利下げの可能性に市場の関心はシフト

韓国銀行(中央銀行)は30日の金融通貨委員会で政策金利である7日物レポ金利を1.50%に据え置くことを決めた。経済リスクが高まる中、先月の利下げの効果を見極めようとしている。

  ブルームバーグが調査したエコノミスト25人のうち22人が金利据え置き、3人が0.25ポイントの利下げを予想していた。ブルームバーグ・ニュースの別の調査によれば、アナリストの大半が年内の追加利下げを見込んでいる。

  一部エコノミストは連続利下げの可能性は低いと予想していた。そうなれば経済が深刻な状態にあるとの政策担当者の認識を示唆することになり、韓国当局者はそうした印象を避けたがっているからだ。金利据え置きとすれば、韓国中銀は9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の決定がもたらす影響を精査する時間も稼げる。

Sputtering Korea Inc.

  SK証券のエコノミスト、アン・ヨンジン氏は「FOMCが9月に動けば、韓国中銀は恐らく10月に追加利下げに踏み切るだろう」と予想。「政策担当者は連続利下げが失敗に終わり、批判されるのを避けたがっている」と述べた。    

原題:Bank of Korea Keeps Interest Rate at 1.5% as Forecast、Bank of Korea Leaves Policy Unchanged After July Rate Cut (1)(抜粋)

(3段落目以降でコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE