コンテンツにスキップする

米GE、航空機融資事業をアポロとアテネに売却-金融事業縮小の一環

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は金融事業縮小の一環で、航空機融資事業を米投資会社アポロ・グローバル・マネジメントと保険会社アテネ・ホールディングに売却することで合意した。

  3社の29日付発表文によると、アポロはGEの航空機リース事業であるGEキャピタル・アビエーション・サービス(GECAS)の子会社PKエアファイナンスを買収する。一方アテネは、関連する債権ポートフォリオを買い取る。これら取引は第4四半期(10-12月)に完了する見通し。

  金銭的条件は公表されていないが、PKエアファイナンスの融資債権は36億ドル(約3800億円)相当で、簿価を上回る価格で売却されると3社は明らかにした。ブルームバーグ・ニュースは7月に、アポロとスターウッド・キャピタル・グループがエアファイナンスに買収案を提示した企業に含まれ、GEは売却により約40億ドルを調達できる可能性があると報じた

  29日の米市場でGE株は一時、前日比3.2%高となった。

原題:GE Sells $3.6 Billion of Air Finance Assets to Apollo and Athene(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE