コンテンツにスキップする

ユーロ圏景況感指数:8月に予想外の上昇も、なお低い水準

  • 景況感指数は103.1に上昇、市場予想は102.3への低下
  • サービス業の景況感指数は3カ月連続で低下

欧州委員会が発表した8月のユーロ圏景況感指数は、低調な統計やリセッション(景気後退)懸念が続いたにもかかわらず、市場予想に反して前月から上昇した。

  8月の景況感指数は103.1と、前月の102.7から上昇した。市場予想は102.3への低下だった。予想外の上昇だったが景況感指数の水準はそれほど高くなく、これまでにも回復への期待は裏切られてきた。5月に記録した大幅な伸びは、その後2カ月間の低迷で打ち消された。

  欧州委によると8月の伸びは鉱工業と小売りの景況感改善に支えられたが、サービス業と建設は落ち込んだ。3カ月連続のサービス業景況感の低下は望ましくない展開だ。貿易摩擦や自動車業界の不振によって製造業が落ち込む中でも、サービス業は粘り強さを見せていた。

原題:European Economic Confidence Unexpectedly Rose in August(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE