コンテンツにスキップする

AIの恩恵受ければ週12時間労働も可能に-アリババの馬会長

  • アリババの馬雲会長、世界人工知能大会にテスラのマスク氏と登壇
  • 馬氏は今年、1日12時間の長時間労働を支持する発言で物議を醸す

中国の長時間労働を長く擁護してきたアリババ・グループ・ホールディングの共同創業者、馬雲(ジャック・マー)会長は29日、人工知能(AI)の恩恵が行き渡れば人々は週12時間労働で済むだろうとの認識を示した。

  馬会長は上海で開かれた「2019年世界人工知能大会」で、人々の労働が技術的進歩に助けられ週3日、1日4時間で済むようになる可能性があると発言した。馬会長は、上海に製造施設を建設中の米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)と共に登壇した。

CHINA-TECHNOLOGY-AI-CONFERENCE

イーロン・マスク氏と馬雲氏(8月29日)

  中国一の富豪である馬氏は今年、中国ハイテク業界で常態化している1日12時間、週6日の労働慣行を支持する立場を示した。こうした慣行は午前9時から午後9時まで、週6日の勤務を意味する「996」と称される。 同氏は今年、典型的な1日8時間勤務を期待する人々の声を退ける見解を示し、反発を招いていた。

  馬氏は29日、「仕事については心配ない」と述べ、AIは人間の仕事を奪うというよりも人を助けると指摘。「コンピューターにはチップしかないが、人間には心がある。心こそ知恵の源泉だ」と語った。

原題:
Jack Ma Says Forget Long Days, AI Could Bring 12-Hour Work Weeks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE