コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

「世紀の空売り」投資家、パッシブ投資のバブルを指摘-小型株に注目

  • 指数ファンドに資金集中、小型のバリュー株が見放されている
  • 「チャンスはゴロゴロ」、狙っているアクティブ運用者少ない
Pedestrians pass in front of a Charles Schwab Corp. branch on Wall Street near the New York Stock Exchange.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ヘッジファンド投資家のマイケル・バーリ氏は、2008年の金融危機前から住宅ローン証券の値下がりを予想、それが的中して名声と富を手に入れた。このトレーディングはマイケル・ルイス氏の著書「世紀の空売り」(原題:ザ・ビッグ・ショート)で有名だ。

Michael Burry GETTY Sub

マイケル・バーリ氏

Photographer: Astrid Stawiarz/Getty Images

  バーリ氏は今、パッシブ投資に「バブル」があると指摘、新たな逆張りの機会を見いだしている。大手企業に集中しがちな上場投資信託(ETF)や指数連動型商品に資金が流れ込んでおり、中小型のバリュー株は世界的にひどく見放されていると、同氏は述べる。

  同氏率いるサイオン・アセット・マネジメントはここ3週間で、米国と韓国の小型株少なくとも4社の大株主となっていることを明らかにした。このうち3社についてはアクティビスト(物言う株主)としてのアプローチを取っている。

  バーリ氏はブルームバーグ・ニュースの質問に電子メールで回答し、「ETFや指数ファンドによるパッシブ投資のバブルに加え、超大手企業に向かうトレンドによって小型のバリュー株が世界的に放置されている」との見方を示した。

  さらに「チャンスがゴロゴロ転がっているにもかかわらず、この機会を生かそうと狙っているアクティブ運用者はほとんどいない」とも記述。売りで一躍脚光を浴びたバーリ氏だが、「値ごろ感があり見落とされている状況でロングに傾けた投資」に情熱があるとし、「自分のような中小型のバリュー株を探すアクティブ運用者」が少なすぎるため、場合によってアクティブ運用に回帰していると説明した。

Smaller U.S. stocks have underperformed large-caps

原題:The Big Short’s Michael Burry Sees a Bubble in Passive Investing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE