コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

自称サトシ・ナカモトにビットコイン40億ドル譲渡命令-米連邦地裁

  • クレイグ・ライト被告の元パートナーの遺産を巡る訴訟で
  • ビットコインの所在知らないとの被告証言、信用できないと判事
A token representing Bitcoin virtual currency sits among cables and LED lighting inside a 'mining rig' computer in this arranged photograph in Budapest, Hungary, on Wednesday, Jan. 31, 2018. Cryptocurrencies are not living up to their comparisons with gold as a store of value, tumbling Monday as an equities sell-off in Asia extended the biggest rout in global stocks in two years.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

仮想通貨ビットコインを10年前に考案したと主張するクレイグ・ライト被告は元パートナーの遺産を巡る訴訟で、偽の文書を提出し虚偽の証言を行ったと米フロリダ州の連邦地裁判事が26日判断し、ビットコイン40億ドル(約4200億円)余りを譲り渡すよう命じられた。

  ウェストパームビーチにある同地裁の記録によれば、ライト被告が2013年末までに採掘した全ビットコインと被告が生み出した全ての知的財産の半分は、同年死去したデーブ・クライマン氏の保有分だとブルース・ラインハート判事は結論付けた。つまり41万を超えるビットコインがクライマン氏の遺産に加わることになる。27日時点で1ビットコインは1万162ドル。

  ライト被告が違法に資産を押さえ、うそをついているとしてクライマン氏の遺族が起こした訴訟で、判事は書類提出命令に従わなかったとして被告を罰した。

  今後の焦点は、ライト被告がクライマン氏側に実際にビットコインを引き渡せるかだ。被告は法廷で、採掘したビットコインがどこにあるのか知らないし、アクセスさえできないかもしれないと証言した。ビットコインの大量売却もしくは移管はビットコインの価格に大きく影響し得る。

  ライト被告は自分こそがビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」だと主張してきたが、仮想通貨コミュニティーからは疑念が浮上、今回の訴訟で真偽がはっきりするのではないかとの見方が出ていた。 

Self Declared Inventor Of Bitcoin Craig Wright Attends Hearing

フロリダ州ウェストパームビーチの連邦地裁に到着したクレイグ・ライト被告(2019年6月28日)

 

  ラインハート判事はライト被告が「サトシ・ナカモトであるかの判定は求められていない」と語るとともに、被告が現在管理しているビットコインがあるとしても、その額の判断も求められていないと説明。その上で、被告は引き続き争うことができるとして、訴訟決着とはしなかった。

  ライト被告のスポークスマンを務めるエド・パウナル氏は電子メールで、ビットコイン保有が認定されたことが被告をサトシ・ナカモトと証明すると主張。判事はビットコインの所在を知らないと申し立てた被告について、信用できないとしている。

関連記事
ビットコイン生みの親か詐欺師か、裁判所に判断仰ぐ炎上の主人公 (6月配信)

原題:Would-Be Bitcoin Creator Must Fork Over $4 Billion to Ex-Partner(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE