コンテンツにスキップする

ブラジル、アマゾン火災消火支援のG7緊急資金を拒否

アマゾンの森林火災を消火するための緊急支援として先進7カ国(G7)が提供を申し出た2000万ユーロ(約24億円)を、ブラジルは拒否した。同資金はフランスのマクロン大統領がG7を代表して申し出ていた。

  ブラジルのボルソナロ大統領は27日、資金提供はブラジルの主権を脅かすものだと記者団に述べた。アマゾン支援に関する協議を始める前に、マクロン大統領が「わたしに対する侮辱を撤回すること」が先決だとも述べた。

Brazilian Amazon Burns At Record Rate

アマゾンの熱帯雨林火災。ブラジル、ポルトベーリョにて、8月24日

撮影:Leonardo Carrato / Bloomberg

  ボルソナロ氏がフェイスブックでマクロン氏の妻、ブリジット夫人の容姿をあざけるコメントを掲載したことに対し、マクロン氏は26日、「ブラジル国民にふさわしい大統領の誕生」を願うと強く抗議した。

  ボルソナロ大統領は自身のポストについて問われると、怒ってインタビューを終えた。

  ブラジルのアラウージョ外相はこれより先、フランス主導のアマゾン火災への対応について、「不必要」だとし、国連と合意した従来の資金提供が実施されていないとして国際社会を批判した。

原題:Brazil Rejects G-7 Emergency Funds to Fight Amazon Fires(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE