コンテンツにスキップする
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

イーサリアムのブロックチェーン容量、ほぼ満杯-共同考案者が警告

  • イーサのネットワーク利用率は90%台-イーサスキャン
  • 利用率が上昇すれば、取引コストも追随する可能性-ブテリン氏
Nvidia Corp. GeForce GTX 1070 graphic processing units (GPU) sit stacked inside a 'mining rig' computer, used to mine the Ethereum cryptocurrency, in Budapest, Hungary, on Wednesday, Jan. 31, 2018. Cryptocurrencies are not living up to their comparisons with gold as a store of value, tumbling Monday as an equities sell-off in Asia extended the biggest rout in global stocks in two years.
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン(分散型デジタル台帳)が不足しつつある。イーサの共同考案者ビタリック・ブテリン氏が先週、警告を発した。

Ether wanes as network transaction costs rise

  イーサスキャンによれば、イーサのネットワーク利用率は90%台に跳ね上がっている。

  ブテリン氏は基盤のブロックチェーンでイーサの取引を処理するコストが一部ユーザーにとって過度に高くなっていると指摘。利用率が上昇すれば、取引コストも追随する可能性があり、法人にイーサ利用をためわせるかもしれないとも説明した。

Key Speakers At The TechCrunch Disrupt SF 2017 Summit

イーサリアム財団の共同創設者ビタリック・ブテリン氏(2017年9月にサンフランシスコで開催された会議での講演)

 

  ネットワーク混雑の背景には、イーサのブロックチェーンを利用するデジタルゲーム「クリプトキティーズ」が約2年前に、別の仮想通貨テザーが2015年にそれぞれ登場した事実がある。

  データ調査のイーサガスステーションによると、テザーは過去30日、同ブロックチェーン上で取引を処理するコンピューターに手数料26万ドル(約2750万円)を支払った。これはクリプトキティーズの約17.5倍、世界最大の分散型取引所でイーサをベースとする「IDEX」の6倍という。

  ドルのように比較的安定した仮想通貨を意図して設計されたテザーの利用は広がっており、その少なくとも40%はイーサのネットワーク上で運用されていると、米テキサス大学オースティン校でファイナンスを教えるジョン・グリフィン教授は7月に推計した。  

  テザーに充てられる容量が増える中で、他のデベロッパーへの余地が小さくなっている。

関連記事:
「テザー」への消えぬ懸念、ビットコインとどう違う-QuickTake 
(2018年10月配信)

原題:Ethereum ‘Almost Full’ as Controversial Coin Gobbles Up Capacity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE