, コンテンツにスキップする

トランプ大統領、中国は取引成立を切望-米も「冷静」な交渉望む

更新日時
  • 「冷静な態度で問題を解決する用意ある」との劉副首相の発言を評価
  • ただ貿易不均衡の問題が解決されなければ取引をやめるとトランプ氏

トランプ米大統領は26日、米国との通商交渉を担当する中国の劉鶴副首相の発言を称賛し、中国は取引を望んでいると述べた。両国間の緊張はこのところ高まっていたが、この日はより融和的な姿勢を示した。

FRANCE-G7-SUMMIT

記者会見で話すトランプ大統領 26日

Bertrand Guay AFP Getty Images

  トランプ氏はフランスのビアリッツで行われた先進7カ国首脳会議(G7サミット)後の記者会見で、「中国は取引成立を非常に強く望んでいる」と発言。「関税が中国に大変大きな打撃を与えている」と述べた。

  中国メディアの財新によると、劉副首相は同日、重慶市でのイベントで「われわれは冷静な態度で協議や協力を推し進め、問題を解決する用意がある」と語った。トランプ氏はこの発言について、「劉氏は取引成立を望んでいる。冷静な状態で取引したいと思っている。劉氏は『冷静な』という言葉を使った。私は彼に同意する」と述べた。

  米株はこの日、前週末の下げから反発した。マクロン仏大統領が米中貿易合意に向けた前向きの姿勢が見られたと発言するなど、米仏両大統領のG7での楽観的なコメントが好感された。ドルは上昇し、米10年債利回りは3年ぶり低水準近くにとどまった。

  財新によれば、劉副首相は「われわれは貿易戦争の激化に断固反対する」とも発言。「米中はもちろん、世界の人々の助けにならない」と説明した。

  トランプ大統領は会見の間、総じて融和的な姿勢を崩さなかったが、取引を結ぶとしたら貿易不均衡の問題に対処するものでなければならないとも主張。さもなければ、米国は中国との取引を止めると述べた。大統領は、「われわれにとってより有利な取引にする必要がある。そうでなければ私は取引をしない」と記者団に語った。

原題:Trump Says China Badly Wants Deal, U.S. Open to Calm Negotiation(抜粋)

(トランプ大統領の発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE