コンテンツにスキップする

アムジェン、セルジーンの乾癬治療薬を買収へ-134億ドル

  • セルジーンとブリストルは6月に「オテズラ」の売却を発表
  • ブリストルは自社株買いプログラムの規模を70億ドルに拡大

米医薬品メーカーのアムジェンは、乾癬(かんせん)治療に用いられる米セルジーンのブロックバスター医薬品「オテズラ」を134億ドル(約1兆4000億円)で取得する。セルジーンは、ブリストル・マイヤーズスクイブとの740億ドル規模の合併計画で反トラスト当局の承認を得るため、同医薬品を売却する方針を先に示していた。

  バイオ医薬品業界においてブロックバスターの勢いが衰えつつある中、アムジェンは全額現金による今回の取引で成長を続ける製品を手に入れることになる。セルジーンとブリストルとしては、オテズラ売却により大型合併の実現に向けた道が開かれる。

  アムジェンの26日発表によれば、将来見込まれる税制優遇措置を考慮に入れた場合、取得額は112億ドル。

  ブリストルはまた、自社株買い計画の規模を70億ドルと、従来の50億ドルから拡大した。

  ブリストルはオテズラと競合する乾癬治療薬を開発中で、6月にオテズラの売却計画を発表していた。

Buying Growth

原題:Amgen Will Buy Celgene Drug in $13.4 Billion Antitrust Sale (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE