コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トランプ氏、中国との協議再開を楽観視-環球時報編集長は疑問視

更新日時
  • 米中合意への見通し、これまでになく良い-独首相との会談時に表明
  • 米財務長官は「行ったり来たりの協議はあった」と述べるにとどめた

トランプ米大統領は26日、中国との通商交渉は昨年の開始以降で最も合意への見通しが良くなっているとの認識を示した。これに対し、中国共産党機関紙の人民日報系の新聞、環球時報の胡錫進編集長は疑問を呈している。

  フランス・ビアリッツで開催中の先進7カ国首脳会議(G7サミット)の場でトランプ氏は、「中国が昨夜、われわれの通商チームに電話し、テーブルに戻ろうと言ってきた」と発言。中国の習近平国家主席を「偉大なリーダー」と呼び、対中関税引き上げを遅らせるかとの質問に対しては「何でも可能だ」と答えた。

  ドイツのメルケル首相との会談に際しては、中国とは「率直に言って、これまでのどの時期よりもずっと意味のある協議を行っていると言える」と述べ、「私は間違っているかもしれないが、今は取引、つまり誰にとっても公正なディールをまとめるのに強い立場にわれわれはいる」と語った。

  ただし、中国外務省の報道官はこの日、電話会議の詳細を即座に確認することはできなかった。その後、環球時報の胡編集長は「私が知る限り、中国と米国のトップ級交渉担当者がこの数日間に電話で協議したことはない。技術的なレベルで両国は連絡を続けており、そこにトランプ大統領が示唆した意味合いはない」とツイッターに投稿。「中国は立場を変えていない。米国の圧力に屈することはない」と続けた。

 

  この投稿があった後、トランプ氏は最高位のレベルで電話会議はあったと主張した上で、電話の有無について中国側が異議を唱えているのは承知していないと述べた。ムニューシン米財務長官は同じくビアリッツで、「行ったり来たりの協議はあったが、この話はこれでおしまいにしよう」と語った。

参考記事

原題:Trump Says China Talks Back on as Beijing Downplays Breakthrough(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE