コンテンツにスキップする

【NY外為】円が上昇、通商対立さらに激化で逃避通貨に買い

23日のニューヨーク外国為替市場では、円とスイス・フランが上昇。中国が750億ドル(約8兆円)相当の米製品に追加関税を課すと発表した後、トランプ米大統領が対応策を発表する意向を明らかにし、投資資金が安全資産に流入した。ドル指数は一時、年初来高値を付けたが、その後大幅な下げに転じた。

  • 円は対ドルで今月1日以来の大幅高。対ユーロでは2017年4月以来の高値を付けた。米国債利回りが幅広い年限で低下し、株式相場は大幅安となった
  • トランプ氏は米金融当局をあらためて批判。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は中国の習近平国家主席より大きな敵かもしれないとツイート
  • パウエル議長はワイオミング州ジャクソンホールで開催されたシンポジウムで講演し、米国の景気拡大を維持するために金融当局は適切に行動すると述べた
    • トランプ氏は議長の講演後、米国には強いドルと「非常に弱いFed」があるともコメント。米国が市場への介入や、その他の行動を起こす可能性があるとの観測が広がった
  • パウエル議長は講演で、米経済は望ましい状況にあるものの、貿易を巡る不確実性の中で国外経済が減速しており、「著しいリスク」に直面しているとの認識も示した
    • スタンダードチャータードのG10外為調査グローバル責任者、スティーブン・イングランダー氏は講演を受け、「極めてハト派的な発言はなかった」とした上で、次回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で0.25ポイントの利下げをすることは示唆したと電子メールでコメントした
  • ニューヨーク時間午後4時39分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下
  • 円はドルに対して0.9%高の1ドル=105円44銭。スイス・フランは対ドルで0.8%高の1ドル=0.9755フラン
  • ユーロはドルに対して0.5%上昇し、1ユーロ=1.1138ドル

欧州時間の取引

  ブルームバーグのドル指数は、パウエル議長の講演を控えて年初来高値近辺で推移した。

原題:Haven Currencies Surge as Trade Conflict Worsens: Inside G-10(抜粋)
Traders Stay Bullish on Dollar Before Jackson Hole: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE