コンテンツにスキップする

パウエル議長、「著しいリスク」警告-追加利下げ観測強まる

更新日時
  • 通商政策を巡る不確実性「米製造業と設備投資の弱さの一因」
  • 「景気拡大の維持に向け、適切に行動する」とも発言
パウエル議長

パウエル議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
パウエル議長
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は、米経済は望ましい状況にあるものの「著しいリスク」に直面しているとの認識を示した。次回9月17、18両日の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で追加利下げが実施されるとの見方が強まった。

  カンザスシティー連銀がワイオミング州ジャクソンホールで主催したシンポジウムで、パウエル議長は23日に講演。「通商政策を巡る不確実性は、世界経済の減速や米国における製造業と設備投資の弱さの一因となっているようだ」と指摘した。その少し前には、中国が750億ドル(約8兆円)相当の米製品に追加関税を課すと発表した。

Federal Reserve Jackson Hole Economic Symposium

パウエルFRB議長(右)とイングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁(23日、ジャクソンホールで)

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  パウエル議長は「力強い労働市場と、対称的な2%目標に近いインフレを伴う景気拡大の維持に向け、適切に行動する」と述べた。

Trade wars and geopolitical risks push 10-year Treasury yields below 2%

  TDセキュリティーズUSAの金利戦略グローバル責任者プリヤ・ミスラ氏は、パウエル議長が「事実関係をはっきりさせようとしている」と分析。0.25ポイント利下げを決めた前回FOMC会合の「7月31日以降にリスクが高まっていると米金融当局者は認識しており、警報ベルが鳴らなくても緩和策を講じることは可能だと言っている」と述べた。

  トランプ米大統領はパウエル氏の講演後直ちに、「いつもの通り米金融当局は何もしなかった」とツイートし、議長を批判した。

  急激な景気減速や金融パニックの兆候がない限り、通常のFOMC以外であるジャクソンホール会合で米金融当局が利下げすることはない。大統領は米国には強いドルと「非常に弱いFed」があると述べた。

  トランプ大統領はその後、フランスでの主要7カ国(G7)首脳会議出席のため23日夜にホワイトハウスを出発する際、パウエル議長の辞任を望むかと記者団から問われたのに対し、「それではこのように言おう。彼がそうするなら、私はとめない」と答えた。

  前回のFOMC会合で当局者は、世界経済の減速や抑制されたインフレを背景に挙げて0.25ポイントの利下げを決定。パウエル議長はFOMC声明発表後の記者会見で、同利下げは長期にわたる金融緩和サイクルの開始ではなく「サイクル半ばでの政策調整」だと説明した。

  しかし23日の講演でパウエル議長はそうした位置付けをせず、前回会合以降に「大きなイベントが数多く起きている」との見方を示した。

世界的なリスク

  パウエル議長は「特にドイツや中国など、世界経済減速のさらなる証拠が見られる。ハードブレグジット(合意なしの英国の強硬離脱)の可能性が高まっていることや香港の緊張激化、イタリアの政権崩壊危機など、地政学的なイベントが数多く報じられている」と発言。「原則として雇用とインフレの見通しに影響を及ぼすものは何であれ、金融政策の適切なスタンスにも影響を与えかねない。通商政策を巡る不確実性はそれに含まれ得る」と述べた。

  米金融当局でエコノミストを務めた経験を持つエール大学のウィリアム・イングリッシュ教授は「市場が異なった織り込みをしていると考えたなら、議長はもう少しそれに異議を唱えただろう。この日の講演で議長が異議を唱えていたように私には思えなかった」と述べた。

  パウエル議長は講演で、金利が非常に低い時期にも米金融当局はなお刺激策とカウンターシクリカルな政策を提供できるのかといった問題を考察し、その課題に今取り組んでいるところだと説明。「米経済は現在、望ましい状況にある。われわれが注視してきている著しいリスクに直面する中で、こうした状況を維持するためにわれわれがどのように取り組んでいるかを説明する」と述べた。

原題:Powell Warns of ‘Significant Risks,’ Hardening Rate-Cut Bets (3)(抜粋)

(わき見出しのほか第7段落にトランプ大統領の発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE