コンテンツにスキップする

中国、750億ドル相当の米製品に対する追加関税発表-米国に反撃

更新日時
  • 9月1日と12月15日から2段階で実施される
  • 12月15日から米国製輸入車に対する25%の関税を再開

中国は23日、合計750億ドル(約8兆円)相当の米国製品に追加関税を課すと発表した。トランプ米大統領が発動を計画する対中関税第4弾に対する報復措置。

  中国政府の発表によると、報復関税の一部は9月1日に発動され、残りは12月15日に導入される。これは米国側が総額約3000億ドル相当の中国製品に10%関税を導入するとしているスケジュールに呼応している。

  来月発動されるのは米国産の大豆と原油に対する5%の追加関税。12月15日には米国からの輸入車に対して25%の関税が再開される。一部の車種には10%が上乗せされる。自動車に対する既存の一般的関税を考慮に入れると、米国車にかかる関税率は最高50%になる。

Caught in the Crossfire

German manufacturers BMW and Daimler make six of China's 10 best-selling auto imports

Source: LMC Automotive

*Unit sales, based on estimates for 2018

  ナバロ国家通商会議(NTC)委員長はフォックス・ビジネス・ネットワークの番組で、「マクロ的な成長という点では関税対象となる製品の総額はたいした額ではない」とし、中国の報復措置が米国の成長を減速させることは「決してない」と、不安払拭(ふっしょく)に努めた。

  中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報の胡錫進編集長は23日先に、政府が間もなく米国に対する報復関税を発表するとツイートしていた。中国は今週、米国側による追加関税は対立激化につながり報復をもたらすと表明していた。

原題:China Hits Back at U.S. With Tariffs on $75 Billion of Imports(抜粋)
*CHINA: IMPOSES 5% TARIFF ON U.S. CRUDE OIL IMPORTS FROM SEPT. 1
China Hits U.S. With Higher Tariffs on Soybeans, Cars, Oil (2)

(ナバロ氏の発言などを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE