コンテンツにスキップする
Photographer: Ty Wright

米製造業PMI、ついに50割り込む-約10年ぶりに活動縮小の領域

An employee loads up new rolls of material onto racks at a carpet manufacturing facility in Bloomsburg, Pennsylvania.
Photographer: Ty Wright

米国の製造業活動を測る指数は8月に低下し、2009年9月以降初めて活動の縮小を示した。新規受注が縮小した。世界的に広がる製造業の不振があらためて確認された。

キーポイント
  • 8月のIHSマークイット製造業購買担当者指数(PMI)速報値は49.9
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の全てを下回る
    • 予想中央値は50.5
    • 7月確定値は50.4だった
    • 受注や生産が低調だった影響で、雇用がさえなかった
  • 製造業PMIは50が活動の拡大と縮小の境目
Preliminary 'Flash' PMIs show continued German turmoil

  世界的な成長鈍化や通商政策を巡る不確実性を背景に、米国の製造業セクターが勢いを失いつつあることを示す材料がまた一つ加わった形だ。8月は国内の需要と海外からの受注がともに、この10年間で最も大幅に縮小した。


  IHSマークイットのエコノミスト、ティム・ムーア氏は「8月の調査データは、経済成長が7-9月(第3四半期)も引き続き軟化していることを示す明確なシグナルだ」とリポートで指摘した。

  製造業の弱さが他のセクターに波及しつつある兆候も示された。IHSマークイットの米サービス業PMIは、8月に50.9に低下。7月は53だった。

Unsettled

Flash PMIs reinforce trouble ahead, trouble behind concerns

Source: IHS Markit

Note: M = Manufacturing; S = Service; C = Composite Figures below 50 signal contraction

原題:Weak World Demand, Trade Take Biggest Toll Yet on U.S. Factories(抜粋)
U.S. Aug. Flash Manufacturing PMI 49.9; Est 50.5(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE