コンテンツにスキップする

トランプ氏が自動車メーカーを攻撃、燃費緩和案の拒否は「ポリコレ」

トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

トランプ米大統領は燃費基準を緩和する政権の計画を拒否した自動車メーカーを攻撃し、メーカー各社を「ポリティカリーコレクト(政治的に公正)」と非難した。

  トランプ氏は21日、「ポリティカリーコレクトな自動車会社に私が提案したのは、消費者のための自動車平均価格を3000ドル(約32万円)以上引き下げると同時に、自動車を著しく安全にするものだ」とツイートに書き込んだ。「エンジンはより滑らかに動作するだろう。環境への影響はほとんどない!愚かな幹部たちだ!」と述べた。

  フォード・モーターとホンダ、BMW、フォルクスワーゲンは米カリフォルニア州規制当局との間で、2026年までに米国内で販売される自動車の燃費基準を厳格化する妥協案に達した。これがトランプ政権の計画をはねつけた格好となり、ツイートにつながったとみられる。民主党のニューサム加州知事は 、他の自動車メーカーにこの協定への参加を呼びかけたが、これまで1社も参加していない。

  オバマ政権は平均燃費の基準を2025年までに1ガロンあたり約50マイルに引き上げるよう草案で求めていたが、トランプ政権は2020年以降に1ガロンあたり37マイルを上限とし、加州が排ガスを規制する権限を無効とする提案を18年8月にまとめた。トランプ政権は同燃費案により現行規制下より新車の値段が下がり、古い車からより安全な新車への買い換えを促すことで何千人もの死亡事故を防げると主張しているが、専門家からは異論が出ている。

原題:Trump Lashes Out Against Carmakers Cool to His Mileage Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE