コンテンツにスキップする
Photographer: Joshua Roberts

米財政赤字、2020会計年度に1兆ドル台に-大統領選前のタイミングで

The U.S. flag flies at the U.S. Capitol building in Washington, D.C., U.S., on Friday, July 29, 2011.
Photographer: Joshua Roberts

米国の財政赤字は2020会計年度(19年10月-20年9月)までに1兆ドル(約106兆円)に膨らむ見通しだ。従来予想よりも2年早まる計算。米議会予算局(CBO)が明らかにした。

  超党派のCBOが21日公表した年次財政見通しによると、最近の法成立で歳出水準が引き上げられるため、財政赤字は想定よりも速いペースで拡大する見通し。低金利予想によって借り入れコストが低下することで、影響は幾分か和らぐという。

  米財政赤字が1兆ドルを突破するのは、経済が金融危機からの回復期にあった2012年以降で初めてとなる。トランプ米大統領の選挙運動が最盛期を迎えるタイミングと一致しそうだ。

経済の拡大

  CBOによれば、今年10-12月(第4四半期)の経済成長率予想は2.3%で、来年は2.1%となる見通し。その後は2029年末を通じて約1.8%に減速する見込み。

原題:
U.S. Budget Gap to Top $1 Trillion in 2020 Amid Election Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE