コンテンツにスキップする

ファーウェイCFO、イランオフィスの存在認める-カナダ法廷文書

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)がカナダ国境警備当局者に対し、同社がイランにオフィスを構えていると語ったもようだ。事実であれば、ファーウェイが米制裁に違反する取引を行ったとする米政府の主張を裏付けることになる。

  20日公表された法廷文書によると、孟CFOは昨年12月に拘束され、イランなど本来すべきでない国々との取引についてカナダ当局の尋問を受けた。CFOは当初、「知らない」と答えていたが、CFOの立場で知らないはずがないと詰め寄る当局者に対し、イランにオフィスがあることを認めたという。国境警備当局による供述書が示した。

  米当局はファーウェイがイランに秘密の子会社を持ち、この子会社を通じて同国で米国の製品やテクノロジー、サービスを入手するなど制裁に違反していると非難。ファーウェイは制裁違反を否定している。孟CFOが供述したとされる内容とイランオフィスの存在についてファーウェイに問い合わせたものの、同社は20日、回答しなかった。

Huawei CFO Braces For Court Fight As Canadians Languish In Jail

ファーウェイの孟晩舟CFO

撮影:ジミー・ジョン/ブルームバーグ

原題:Huawei CFO Allegedly Said the Company Has an Office in Iran(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE