, コンテンツにスキップする
SUBSCRIBER ONLY
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

GEの介護保険の準備金は「悩みの種」、平均より悪い-フィッチ

  • 介護保険は「なおリスクを伴う高い商品」-フィッチのビアト氏
  • ジェンワースとユナム・グループも平均を下回っていると分析

米ゼネラル・エレクトリック(GE)の介護保険市場へのエクスポージャーは「非常に高い」水準にあり、そのような保険契約に関係する準備金の妥当性は平均より悪いとフィッチ・レーティングスが指摘した。

  フィッチは20日のリポートで、2004年にGEからスピンオフ(分離・独立)されたジェンワース・ファイナンシャルとユナム・グループも平均を下回ると分析した。長期介護ポートフォリオに対する現在の準備金が「十分充実している」とGEは主張している。

  フィッチ・レーティングスの保険担当ディレクター、アンソニー・ビアト氏は「長期介護市場へのエクスポージャーは引き続き悩みの種だ」とした上で、介護保険は「より慎重な指針の採用にもかかわらず、なおリスクを伴う商品」との見解を示した。

原題:GE Risk From Reserve ‘Plague’ Worse Than Average, Fitch Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE