コンテンツにスキップする
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

ドルは103円まで下落へ、最終的には反転上昇か-ゴールドマン

  • 最近の日本の債券利回り低下は新たな投機を促し、資本流出が再燃も
  • 円高で日銀が積極的な国債購入など新たな政策措置を導入する可能性
Japanese yen banknotes of various denominations are arranged for a photograph in Tokyo, Japan on Sunday April 14, 2019. U.S. Treasury Secretary Steven Mnuchin said he wanted a currency clause in a trade deal with Japan to prevent deliberate manipulation of the yen to bolster exports, Japanese public broadcaster NHK said.
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

ゴールドマン・サックスは、ドルの対円相場が3カ月以内に103円に下落するとの予想を堅持しているが、反転上昇する可能性が高まったとみている。

  エコノミストのマイケル・ケーヒル氏はリポートで、円のロングポジションを維持する構造的な理由はなおあるものの、昨年12月初旬以降、貿易加重ベースで既に約8%上昇していると指摘。

  また、最近の日本の債券利回り低下は新たな投機を促し、資本流出が再燃するとの見方を示した。円高によって日本銀行がより積極的な国債購入など新たな政策措置を導入する可能性にも触れた。

  さらに、ドイツが財政出動を検討しているという報道は各国・地域の金融緩和観測と共に世界の成長見通しを押し上げ、円高のペースを遅らせるとも分析した。

原題:USD/JPY Will Drop to 103 But Upside Risks Are Growing: Goldman(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE