コンテンツにスキップする
Photographer: FRED DUFOUR/AFP
cojp

ファーウェイは「生きるか死ぬかの瞬間」-創業者の危機感あらわ

  • 仕事のない従業員は自身を有効活用するやり方を見つける必要がある
  • 失敗すれば減俸や失職の恐れ-任CEOが19日の社内メモで警告
In this photo taken on May 27, 2019, a Huawei logo is displayed at a retail store in Beijing. - China is digging in for a tough period of deteriorating ties with the United States, fanning the flames of patriotism with Korean War films, a viral song on the trade war, and editorials lambasting Washington. (Photo by FRED DUFOUR / AFP) (Photo credit should read FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
Photographer: FRED DUFOUR/AFP

米商務省が米国製品の禁輸措置を強化した中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏は、同社にとって今は「生きるか死ぬかの瞬間」だとの認識を示した。才能を生かし切れていない従業員に対し新たなプロジェクトを探るため「特殊部隊」を編成すべきだと助言した上で、失敗すれば定期的に給料が減らされ、職を失う恐れもあると警告した。

Billionaire Huawei Founder Ren Zhenfei Defiant in Face of Existential Threat

任正非氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  任氏は19日の社内メモで、仕事のない従業員は自身を有効活用するやり方を見つける必要があると指摘。特殊部隊で成功すれば、会社の「司令官」に昇進する可能性があるとする一方で、役割を見いだせなければ、給料が3カ月ごとに減らされるとコメントした。

  ファーウェイで働く従業員の優先課題は「称賛に値する功績」を挙げることであり、また経営陣にとっては「ずば抜けた社員をできるだけ早く昇進させ、われわれの組織に新しい血を注入すること」だと任氏は記した。

原題:Huawei Founder Sees ‘Live or Die Moment’ From U.S. Uncertainty (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE