コンテンツにスキップする

イランが米国に警告、原油積載タンカーに干渉しないよう要求

更新日時
  • タンカーはジブラルタル出航、ギリシャへ向かっているもよう
  • イランはスイスなどの外交ルート通じて米国側に警告

イランは米国に対し、イラン産原油を積載し英領ジブラルタル沖から出航したスーパータンカーを標的としないよう警告した。このタンカーは先月、ジブラルタルで英海兵隊などによって拿捕(だほ)されたが、先週後半に解放が認められた。

  英国とジブラルタルは7月初め、欧州連合(EU)の制裁に違反しシリアに原油を輸送していた疑いがあるとして、このタンカー「グレース1」を拿捕していた。グレース1は船名を「Adrian Darya1」に改称して航行を再開し、ギリシャに向かっているとみられる。

  イラン外務省のムサウィ報道官はテヘランでの記者会見で、「米国によるこのタンカーの拿捕は全くあってはならない。もしそのような事態が起きた場合、国際的な海運の安全に脅威をもたらすだろう」と発言。イランはスイスなど「外交ルート」を通じて同タンカーに干渉しないよう米国に警告したと明らかにした。

TOPSHOT-SPAIN-GIBRALTAR-BRITAIN-IRAN-US-OIL-DIPLOMACY

ジブラルタル沖を出航したタンカー「Adrian Darya1」

Photographer: JOHNNY BUGEJA/AFP

原題:Iran Warns U.S. Against Targeting Oil Tanker Headed to Greece(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE