コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson

中東の緊張激化でサウジ油田・インフラが標的に-原油供給リスク鮮明

  • イエメンの武装組織フーシ派が先週無人機でサウジ石油施設を攻撃
  • サウジ油田の一部のほか処理・輸送インフラと船舶が標的に
The sun sets over crude oil storage tanks at the Juaymah tank farm, operated by Saudi Aramco, in Ras Tanura, Saudi Arabia, on Monday, Oct. 1, 2018. Saudi Aramco�aims to become a global refiner and chemical maker, seeking to profit from parts of the oil industry where demand is growing the fastest while also underpinning the kingdom�s economic diversification.
Photographer: Simon Dawson

世界の原油生産の約10分の1を占めるサウジアラビアの油田はこのところ、陸海空からの脅威にさらされている。イランから支援を受けているイエメンの武装組織フーシ派は先週、サウジ南東部のシェイバー油田の石油・天然ガス施設を無人機で攻撃したが、生産停止には至らなかった。

  ペルシャ湾の緊張が高まる中、爆薬を積んだ無人機や空爆の標的となっているのは世界最大級の埋蔵量を誇るサウジ油田の一部のほか、処理・輸送インフラと船舶。

  サウジ国営石油会社サウジアラムコは発表資料で、17日午前にシェイバーの液化天然ガスプラントで小規模の火事が発生したが消し止めたと説明。死傷者はなく、操業も中断されなかったとした。

  ただ、サウジアラムコは世界最大の原油輸出業者であることから、原油生産・インフラへのこうした脅威は世界原油供給へのリスクを浮き彫りにする。

原題:Saudi Oil Fields Are in the Firing Line as Gulf Conflicts Rage
   Saudi Oil Field Hit by Drone Attack But Production Unaffected (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE