コンテンツにスキップする
cojp

米政府、F16戦闘機の台湾売却を支持-中国の反発招くリスク

トランプ米政権は台湾へのF16戦闘機売却を支持すると、議会に非公式に伝えた。米中通商交渉が重大な局面を迎えている中で、中国の怒りを招きかねない。

  議会当局者2人の情報によると、国務省は上下両院の主要委員会にF16戦闘機を66機売却する計画を支持すると非公式に伝えた。売却規模は80億ドル(約8500億円)。米議会の支持を得られ、台湾が実際の契約に署名したとしても、ロッキード・マーチン製のF16戦闘機が実際に納入されるまでに何年もかかる。

  米国はブッシュ(父)政権の1992年に台湾への同戦闘機150機の売却を発表したが、それ以来台湾に新鋭戦闘機を売却していない。オバマ政権は台湾から出された新たな戦闘機の売却要求に応じず、2011年に既存フリートの更新で合意した。

原題:U.S. Backs F-16 Sale to Taiwan in Move Likely to Anger China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE