コンテンツにスキップする

香港経済、4-6月は従来発表以上に縮小-抗議行動の長期化響く

  • GDP改定値は前期比0.4%減-速報値では0.3%減だった
  • 前年同期比では0.5%増-速報値の0.6%増から下方修正された

香港経済は4-6月(第2四半期)に従来発表より大きく縮小した。長引く抗議行動が経済活動を弱め始めた。

  香港政府が16日発表した4-6月の域内総生産(GDP)改定値は前期比0.4%減となった。7月31日発表の速報値は0.3%減少だった。

  4-6月GDPは前年同期比では0.5%増。速報値の0.6%増から下方修正された。

関連記事:
香港、2580億円規模の景気対策発表-長引く反政府デモが経済圧迫
海外在住の中国人に溝-豪州や日本で「香港と世界の連帯」集会

原題:Hong Kong Revises 2Q GDP Growth Down as Protests Hit Activity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE